ソリューション導入事例

  • HOME
  • ソリューション導入事例

公園管理システム(Park Management System)

導入クライアント:自治体(複数)様

FileMakerの機能を用いた公園維持管理システムです。
このシステムは、公園管理を行っている自治体で既に運用中です。 自治体は「長寿命化計画」に基づき、その管内にある公園の維持管理を正確に行う必要が出てきました。公園維持管理にかかる業務は、非常に多岐にわたります。自治体では、組織の特性上、数年で担当者が異動になるため、極力シンプルな操作で管理ができるソリューションを求められていました。
ユーザビリティの高いFileMakerの特徴を生かし、ITが苦手な職員でも、容易に操作できるソリューションが実現しました。

公園管理システム構成図

本システムは、公園の概要、施設の設置年、劣化状況、修理の履歴だけでなく公園に寄せられる苦情・要望等の日常業務に必要な機能を実装しています。 個人の技量によって変わる情報管理業務を客観的、且つシンプルに管理し、必要な時に瞬時に情報を取り出すことが可能です。公園巡回業務前に、公園の情報をiPadにダウンロードします。公園で施設のデータをiPadに格納し(日常の点検業務結果と施設の劣化の状況を記録)、事務所に戻り、iPadのデータをサーバにアップロードすることで、サーバデータを一括で更新させるしくみです。

トップ(メインメニュー)画面

公園管理システム画像01

トップ画面には、公園概要、補修・修繕履歴、公園使用、苦情・要望管理、境界立会、占用物件など、業務毎のメニューボタンが設定されています。公園管理業務に不慣れな方でも数回操作すれば、運用可能です。

公園概要

公園管理システム画像02

公園概要の画面です。
公園の沿革、設置許可年等の概要が確認できます。また複数にまたがる土地所有者や面積なども確認できます。

施設概要

公園管理システム画像03

施設概要の画面です。 施設の詳細情報が全て確認できます。設置年やその後の経過年数、使用見込み期間だけでなく複数年に渡る経過観察状況、修理の履歴も管理できます。

施設写真

公園管理システム画像04

施設写真の画面です。 施設の状況を最大10点の写真データで管理ができます。 また拡大表示、印刷もできますのでより正確な情報共有や、修理業者への正確な指示が可能になります。

iPad用点検システム

公園管理システム画像05

iPad用の点検システムの画面です。 公園概要、施設概要のデータをiPadに格納し日常業務に使用できます。また損傷が見受けられた施設については劣化度の登録と写真データの登録が可能です。(画面赤丸部分にカメラボタンがあります。このボタンで、iPadのカメラ起動し、撮影と登録ができるようになります。)

▲ このページのトップへ

Recent Solutions

>> more & detail