ソリューション導入事例

  • HOME
  • ソリューション導入事例

iPad(iPad mini)対応 受注管理システム

導入クライアント:株式会社ケンテック

FileMaker Goの機能を用いて、iPad miniからの入力に対応した受注管理システムです。
ケンテック様は、表面処理加工を行っておられる製造業の会社です。システム導入前、加工処理のオーダーミスを防ぐ為、営業がお客様先で受注内容を紙に記載し、加工する製品をデジタルカメラで撮影されていました。そして、帰社後に受注内容をFileMakerシステムに入力し、画像を貼り込む作業を行っておられました。この受注内容の入力作業は1日に100件~150件あり、1時間以上の時間を要する為、日常的に残業が発生する状況でした。システム導入後は、お客様先でiPad miniを使い受注内容の入力を行い、加工する製品画像もiPad miniのカメラ機能で撮影登録可能となり、帰社後は社内システムへデータ転送することで登録できるようになりました。それにより、データ登録の簡略化とミスを減らし、業務効率が向上されました。
マイナビニュース掲載記事はこちらへ

iPad mini対応 受注管理システム構成図

本システムでは、営業はお客様先でiPad miniの受注管理システムに、顧客情報や受注(加工処理)内容を入力し、同時にカメラ機能を使用して、加工する製品画像を登録します。 社内ではFileMaker Server環境を構築し、FileMaker Proを活用して受注管理を行っています。 営業が帰社後、iPad miniの受注システムを起動し、社内の受注管理システムにデータを送信する事で、受注データを社内システムに反映させています。 社内ではそのデータを元に、検査報告書、納品書、請求書を発行します。 請求データは受注管理システムからCSVで書出し、会計システムに取り込んで利用します。

iPad mini用トップ画面

iPad mini対応 受注管理システム画像01

iPad mini用のトップ画面には、 お客様先で必要なメニューと、社内受注管理システムへのデータ送信と受信のメニューがあります。 データ受信を行うと、ログイン者の直近90日分の受注データを社内の受注管理システムから取得し、新規受注時に過去データの参照が可能になります。

iPad mini用受注画面

iPad mini対応 受注管理システム02

iPad miniでの入力は、顧客情報や加工種類、単価などはマスターから選択するため、キーボードをほとんど使わずに行えます。また、 加工する製品の画像は、iPad miniのカメラ機能を利用して撮影、登録可能です。 帰社後、社内受注管理システムにアップ(サーバ送信)したデータは、iPad mini上では編集出来ないように制御しており、データの不整合が発生しない構造になっています。

PC用トップ画面

iPad mini対応 受注管理システム画像03

PC専用のトップ画面には、 マスターの管理を行う管理メニュー、納品書・請求書の発行メニューがあります。

PC用受注画面

iPad mini対応 受注管理システム画像04

PC用受注画面では、iPad miniから送信された受注データの閲覧、および編集が可能です。 編集されたデータは、iPad mini用トップ画面でデータ連携「受信」のボタンを押すことで、受注システム上のデータをiPad miniで受信し、閲覧する事が出来ます。

請求書発行画面(PCのみ)

iPad mini対応 受注管理システム画像05

受注後、加工処理が完了し請求可能となった案件は、請求書・納品書の発行が出来ます。 その他、集金リストや各種集計などの機能も備えています。 請求データは、会計システム用にCSV形式で書き出し、利用しています。

▲ このページのトップへ

Recent Solutions

>> more & detail