「FileMaker カンファレンス 2014」NOVEMBER 26・27・28 TOKYO カンファレンス・レポート

  • HOME
  • カンファレンスレポート2014

【 FileMakerカンファレンス 2014 東京 】

今年のカンファレンスでは、Juppoメンバーが多数のセッションを担当いたしました。

このカンファレンス・レポートは、セッション担当者や参加者のコメントを集めて掲載しました。

【 G - 11 】
  FileMaker Pro とMicrosoft Excelの関数を比較探求
  担当:近藤 豊久 (東京事務所)

セッション画像g11今回は関数について、初心者の方にも分かるように、説明したつもりでしたが来場された方に伝わったかどうか不安でした。
しかし、「わかりやすかったです」と終了後に声をかけていただき ホッ としました。時間的には、ほぼぴったりに終わりましたが、うまく説明できなかった箇所があったのが反省点です。

>> セッション内容|弊社カンファレンス詳細はこちらへ

【 G - 14 】
  徹底攻略!レコードのエクスポート&インポート
  担当:ソリューション開発部 課長 山田 真澄

セッション画像g14 聞いてくださった皆様、ありがとうございました。そして、時間切れになってしまって申し訳ございませんでした。
話したいことがたくさんありすぎて、用意したことの半分しか報告できませんでした。
これからが一番話したかったことというところで終わってしまいました。1時間は短かった。3時間くらい欲しかった(笑)。
報告したかったことの一部はファイルメーカー社のカンファレンス参加者に対するアンケートに回答するとダウンロードできる資料にも書いていますので、是非アンケートにご回答ください。
来年行われるであろう、大阪、または東京でのカンファレンスで続きを話せればと思ってますので、お待ちください。乞うご期待!

>> セッション内容|弊社カンファレンス詳細はこちらへ

【 G - 25 】
機能更新が多いソリューション開発に有効な開発手法
「データ分離モデル」の紹介
担当:ソリューション開発部 主任 丹原 康博

セッション画像g25 準備不足や時間的に伝えきれてなかった様に思いますが、多くの方にご来場いただきました。
開発方針の一助となれたら幸いです。
ありがとうございました。


>> セッション動画YouTubeで公開中
>> セッション内容|弊社カンファレンス詳細はこちらへ

【 G - 33 】
エラーを未然に防ぐバグチェック手法
担当:ソリューション開発部 主任 石田 直之

セッション画像g33 「バグチェック手法」というキャッチーでない内容にも関わらず、多くの方にご来場いただきました。
何の話をするか悩みましたが、なんとかまとめることができました。ありがとうございました。

>> セッション内容|弊社カンファレンス詳細はこちらへ

【 G - 34 】
膨大な量の写真・画像を管理するのに困っていませんか?
担当:ソリューション開発部 課長 種部 昭仁

セッション画像g34 今回は膨大な量の写真・画像を管理するのに困っている方を対象に、「探している画像をすぐに探し出せる画像管理の方法」や、「大量の画像を1つ1つドラッグ&ドロップすることなく、画像の一括インポートを行う方法」を話しました。
これからは聞いている方に不快感を与えない話し方ができるよう精進します。

>> セッション内容|弊社カンファレンス詳細はこちらへ

【 G - 37 】
はじめよう。ソリューションのビジネス導入とiPad活用
担当:ソリューション開発部 取締役部長 永井 求

セッション画像g37 今回初の試みとして、開発会社2社での共同セッションになりました。
テクニカルな話ではなかったため、関心度への高さへの不安や、フォーカスするポイントも押さえる事ができたか心配でしたが、FileMakerプラットフォームについて「知る」から「使う」につながる間の部分を伝える事ができたのではないかと思います。

さらに詳細なポイントがお聞きになりたい方は、いつでもお問い合わせください。

>> セッション動画YouTubeで公開中
>> セッション内容|弊社カンファレンス詳細はこちらへ

【 i - 2 】
iPad事例からWeb活用やPC連携まで、各種導入事例をご紹介
担当:営業企画部 次長 車田 和則

セッション画像i2FileMakerシステムの導入事例をできるだけ多く紹介させていただきました。
詳細な機能説明よりも、導入施設様がどのような考えで、何処に、何のために導入されたのか、導入後に業務がどのように変わったかを伝えられればと思いスピーカーを務めさせていただいたのですが、いかがでしたでしょうか。
また、今回は中国/韓国からの参加もあり、初の通訳付きセッションとなりました。 セッション後には中国の方から質問を受け、日本のソリューションが国外でも参考になる事を感じました。 そして、英語力の必要性をひしひしと感じたカンファレンスでもありました。
セッションをご覧いただいた皆様、そしてショウケースにお立ち寄りいただいた皆様、ありがとうございました。

>> セッション内容|弊社カンファレンス詳細はこちらへ

【 i - 10 】
「サーバー上のスクリプト実行」を使った
サーバーサイド処理の有効活用法
担当:ソリューション開発部 課長 徳田 大輔

セッション画像i10この度は多くの方にご来場いただきありがとうございました。
セッションは限られた時間の中で基本的なお話が中心となり、セッション終了後「では実際使う時には・・・」といった 一歩踏み込んだご質問をいくつかいただきました。
またどこかで機会があればご紹介したいと思います。

>> セッション動画YouTubeで公開中
>> セッション内容|弊社カンファレンス詳細はこちらへ


【 M - 1 】
バイオバンク情報管理システム
担当:取締役 ソリューション開発部 部長 卯目 俊太郎

セッション画像M1今回のセミナーは、国立長寿医療研究センター 渡辺先生との共同発表でした。
渡辺先生ありがとうございました。
また朝イチのセミナーにも関わらず多数の方に来場いただき感謝いたします。
「バイオバンク情報管理システム」は発展途上/まだまだ進化いたします。
その姿をいつの日かご覧いただけるよう引き続き取り組んでまいります。
皆様にお会いできる日を楽しみにしております。

セッション画像M1
講演中の国立研究開発法人
国立長寿医療研究センター
渡辺 浩先生



>> セッション内容|弊社カンファレンス詳細はこちらへ
>> バイオバンク検体運用管理システム事例はこちらへ

【 T - 7 】
FTS 応用編(中級)コース 1日5セッション
セッション4の「ソリューション論理:スクリプト」
セッション5の「Q&Aセッション:応用(中級)の復習」
担当:ソリューション開発部 取締役部長 永井 求

セッション画像T7受講いただいた皆様、ありがとうございました。
トレーニングセッションは毎回、どのポイントをピックアップし、どのポイントを省くかが悩ましいところで、いつも時間がギリギリになってしまいます。
今回のセッションはダイジェストの意味合いが強いので、再度みっちり取り組みたい方は、ぜひ下記への参加をお勧めします。

FileMaker Trainingイベント
http://sales.filemaker.co.jp/event/list.php?cat=FileMakerTraining

>> セッション内容|弊社カンファレンス詳細はこちらへ

【 W - 3 】
リレーションシップによる取得データの内容と見え方
(スキルアップ・ワークショップ)
担当:ソリューション開発部 取締役部長 永井 求

ワークショップにご参加くださいました皆様
ありがとうございました。
他にいくつもセッションが行われている中で、あえてあの小部屋にいらっしゃってくださったからこそ、このコマも成立するというものです。
今回のワークショップもこじんまりとしながらも、内容はそれなりに濃いめの事が話せたと思います。
通常の各地開催型のワークショップはここのところご無沙汰していますので、来年は再始動をしたいと思っています。
皆様の参加をお待ちしております。

>> セッション内容|弊社カンファレンス詳細はこちらへ

【ショウケース】
バイオバンク検体運用管理システム

ショウケース画像弊社ショウケースの様子です。
こちらでは、【M-1】セッションで紹介の「バイオバンク検体運用管理システム」を中心に、デモを交えてご紹介いたしました。
ショウケースで説明 接客奮闘中...(細川)

【FileMakerカンファレンス 2014 をふりかえって】
常務取締役 ミスターN

年々、規模が大きくなる FileMaker カンファレンスですが、例年だと 2セッションとワークショップ、トレーニングセッションを受持つ位ですが、今回はなんと9セッション、ワークショップ、トレーニングセッションという多さになりました。
全てのセッションを聴講しましたが、常連とベテランを除いては2回目が1人、初めてが5人という内訳で、娘のピアノの発表会以来の緊張感でドキドキでした。

オープニングセッションを終え、そんな気持ちの中、トップバッターの会場へ。
想定していたのは機材調整をする姿?
あれ?、どこにも見当たりません。
ただでさえドキドキなのにドキドキ MAXです。
ひょっとして来ない?
えっ? 代替何ができる?
なんて頭グルグル。さぁ時間って時にはホッでした。
(実は本当に心配なのが一人おりますが …。)

親の心、子知らずで、大きな失敗も無く? 無事?カンファレンスを終了することができました。

至らぬ点も多々あったかと思いますが、御聴講、御受講、御参加、御来訪くださった皆様方には感謝申し上げます。
今後共、より良き情報を配信できますよう努めて参りますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

最後に品川駅ができ、めっきり東京駅に来ることは無くなりましたが、カンファレンス会場のトイレ? から見る駅を含んだ景色は、「BEAMS」の文字等、ニューヨークを連想させる良い眺めでした。また、会場ビル内にはクリスマスツリーが飾られ、一足早いクリスマス気分を味わうことができました。

では、また来年、
どこかの会場で、お会いできますことを願っております。

カンファレンスレポート風景画像


photos  カンファレンス・レポート2014 写真】

クロージングセッション後、当日参加メンバーの集合写真。
クロージングセッション集合写真画像

✱当サイトに掲載する画像ファイル等全てのデータ情報の、無断での転用・加工・再配布は堅く禁止させて頂きます。         ▲ このページのトップへ